風物詩で綴る特別な1日!季節に合わせたブーケ選び

2017年10月26日
投稿先 未分類

温かな季節の息吹を両手に

結婚式では旬の花を主役にしたり、四季の行事や風景をテーマにしたブーケ選びをしてみましょう。その季節が巡ってくるたびに挙式の感動を蘇らせてくれますよ。たとえば、そよ風に誘われて、やさしい色の花が弾むように揺れる春といえばお花見ですよね。ピンクが濃いめのものと淡いもの2種が競うように咲き誇る春爛漫のブーケもいいでしょう。直線的なサクラの枝ぶりを生かして勢いのあるスタイルに仕上げると魅力的になりますよ。また、イースターに飾る卵のようなコロンとした丸いチューリップを使った愛らしい小鳥の巣のテイストのブーケには、こっそり本物の卵も潜ませて春の女神気分を味わってもいいでしょう。

涼しさとインパクトに満ちたブーケ

灼熱の街に浮かぶオアシスのように夏はゲストの心がさわやかになり、潤いをもらたすようなものを選ぶといいでしょう。たとえば、天の川を意識したブーケは、ふんわりと流れ落ちる、カスミソウに星形のマダガスカルジャスミンやホワイトスターを散らせば、気分は七夕の織姫様でいきましょう。星のせせらぎを渡った、織姫と彦星が永遠に結ばれる七夕は結婚式のイメージでぴったりですね。

積み重ねた思いを花で

花から実へ、葉は赤や黄色になる秋は積み重ねてきた思いを花で紡げるようなものがいいでしょう。クラシカルな花顔のクリムゾン色のバラは華やかさとともにしっとりとした風情がありますよ。紅葉とも好相性で、深い味わいに満ちたブーケは夕焼け色に染まる葉の刺繍のようでしょう。

どこまでも清らかに澄んだ花で

キリリと清浄な空気が漂う冬に映えるのはフォルムが鮮やかに際立つ花です。多彩な実物やパールをあしらってデコラティブに仕上げたツリーブーケは聖夜を盛り上げる演出となるでしょう。ミニツリーに幸せな天使が降臨しますよ。

結婚式を挙げるにあたって、場所選びはとても大事になります。六本木の結婚式場なら公共交通機関が充実しており、交通の利便性が良く招待客も行きやすいので、おすすめのエリアです。