女性よりは服装選びが簡単そうだけど…男性の結婚式のファッションは難しいんです

2017年8月27日
投稿先 未分類

スーツ選びを決める要素って?

社会人になると上司や部下、知人などの結婚式に呼ばれる機会が増えていきます。ドレスやバッグ、髪飾りなどを毎回同じにならないように選なくてはいけない女性と比べると、男性は基本的にスーツを選ぶだけなので、難易度は低めに見えますよね。でも、意外に難易度が高いのがシチュエーションや新郎新婦との関係を踏まえた、最適なスーツ選びなんです。スーツにもいろんな種類がありますからね。結婚式のゲストは、ビジネススーツではなく、タキシードやブラックスーツなどの礼装で参加することになります。その結婚式がフォーマルな式か、カジュアルな式か、二次会かで最適な装いが変わりますし、自分が新郎新婦より目上の立場なのか、対等の立場なのかでも違ってくるのです。

人間関係やシチュエーション、式場などを見てみる

まず、ホテルや専門式場で行われる、厳粛で格調高い結婚式に適しているのが、タキシードやディレクタースーツです。日没後はタキシード、昼間はディレクタースーツと覚えておきましょう。新郎新婦の父親や上司など目上の立場の人向きの装いですね。友人代表として結婚式のお祝いのスピーチをすることになったゲストも着用します。一方、流行のゲストハウスウエディングやレストランウエディングなど、堅苦しさのない結婚式に向いているのが、ブラックスーツやダークスーツです。特にブラックスーツは、フォーマルからカジュアルまであらゆるタイプの結婚式に対応できるので、何着か持っておいても損しませんよ。ダークスーツは2次会や1.5次会だけ参加する人にも合った服装です。

天神の結婚式場は、約70件程度あります。そのため、洋式・和式などあらゆるスタイルの中から自分好みの式場が見つかります。